日本小児麻酔学科会24回大会 The 24th Annual Meeting of the Japanese Society of Pediatric Anesthesiology

会長挨拶

  • 日本小児麻酔学会 第24回大会
    会長 香川 哲郎
    兵庫県立こども病院 麻酔科 部長
  • 日本小児麻酔学会 第24回大会 会長 香川 哲郎 兵庫県立こども病院 麻酔科 部長

この度、2018年(平成30年)10月20日(土)~21日(日)の2日間、神戸ポートピアホテルにおいて「日本小児麻酔学会 第24回大会」を開催させていただくことになりました。兵庫県立こども病院麻酔科としては、1970年の開院以来、本学会の学術集会開催は初めてのことであり、大変光栄に感じているとともに、小児麻酔の発展に貢献できるよう全力を尽くしたいと考えています。

本大会のテーマは『もっと広く、もっと深く』としました。これは、小児麻酔およびそれに関連する領域から広く知見を集め、一つ一つについて深く学び、得た知識や技術を広く伝え、普及させる、そうしたことによって安全で快適な麻酔を子供たちに提供し続けたいとの思いをあわらしたものです。

現在、多くの方々の協力を得ながら、開催に向けて準備し、プログラムについて検討しているところです。小児麻酔領域では未解決の課題が多くあります。麻酔管理で言えば、気道、鎮痛、輸液、麻酔薬といった基本的なところでも分かっていないことが多く、術後管理、集中治療、慢性痛、周術期看護などにも重要な課題があります。少子化や貧困といったグローバルな問題も、小児麻酔と関係しています。こういったことの解決に少しでも役立てるよう、専門家による講演、シンポジウム、ハンズオンセミナーなどのセッション、および皆様からの演題を通して、活発な議論と交流を促したいと考えています。

会場の神戸ポートピアホテルは、日本麻酔科学会学術集会で頻繁に使われており、麻酔科医にはなじみが深い場所です。講演会場、ポスター会場、展示ブースなどの各会場を、本館B1フロアを中心としてコンパクトに配置し、参加者間のコミュニケーションが図れるよう配慮したいと思っております。
日本小児麻酔学会は小児の麻酔・周術期管理、集中治療、救急医療の進歩と普及を図り、小児医療に広く貢献することを目的としています。麻酔科医のみならず、小児に関わる医療従事者すべてが対象となります。美しい港町である神戸で学会を楽しんでいただけるよう、心を込めて準備したいと考えておりますので、皆様のご協力・ご参加をぜひともお願い申し上げます。

2017年10月吉日