日本小児麻酔学会第24回大会 The 24th Annual Meeting of the Japanese Society of Pediatric Anesthesiology

会長挨拶

  • 日本小児麻酔学会 第24回大会
    会長 香川 哲郎
    兵庫県立こども病院 麻酔科 部長
  • 日本小児麻酔学会 第24回大会 会長 香川 哲郎 兵庫県立こども病院 麻酔科 部長

この度、2018年(平成30年)10月20日(土)~21日(日)の2日間、神戸ポートピアホテルにおいて「日本小児麻酔学会 第24回大会」を開催させていただくことになりました。

本大会のテーマは『もっと広く、もっと深く』です(第一報をご覧ください)。これに合わせて、プログラムは広い領域に関連するようにしました。招待講演として、シミュレーション教育、緩和、慢性痛、感染症、感染対策についての第一人者をお呼びします。集中治療、プレパレーション、周術期看護についてのシンポジウムを企画しています。「小児麻酔に役立つビデオセッション」と題して、小児麻酔で行われる各種手技を、基本的なところから高度なものまで、動画を含めてプレゼンテーションしていただくセッションを設けます。どうやればよいか、うまくいくか、が伝わるセッションになればと思っています。

海外からの演者としては、海外協力の経験が豊富で、小児区域麻酔の第一人者である、シアトル小児病院のBosenberg先生に岩井誠三記念講演を依頼しています。また、ロサンゼルス小児病院の名越真先生には、ランチョンセミナーでCO2モニターについて講演していただく予定です。

一般演題の企画として英語セッション、アイデアコーナーを設けます。例年通り若手研究奨励演題、周術期看護に関する演題も募集しております。「プログラム」のページをご覧ください。

例年人気のハンズオンセミナーとしては、小児の末梢神経ブロック、小児のABCD sonographyのハンズオンに加えて、小児周術期急変対応のシミュレーションセミナーを行います。小児モデルにご協力いただきます。

日本小児麻酔学会は小児の麻酔・周術期管理、集中治療、救急医療の進歩と普及を図り、小児医療に広く貢献することを目的としています。麻酔科医のみならず、小児に関わる医療従事者すべてが対象となります。美しい港町である神戸で学会を楽しんでいただけるよう、心を込めて準備したいと考えておりますので、皆様のご協力・ご参加をぜひともお願い申し上げます。

2018年 5月吉日

第1報(2017年10月)