日本小児麻酔学科会24回大会 The 24th Annual Meeting of the Japanese Society of Pediatric Anesthesiology

演題登録

医師・看護師をはじめ、多職種にわたる医療従事者の演題を募集します。一般演題以外に、若手研究奨励演題(発表時間25分)を募ります。

演題登録期間 2018年5月10日(木)~6月20日(水)正午

※演題はすべてホームページ上にて登録いただきます。募集要項の記載事項を確認の上、登録をしてください。締め切り直前はアクセスが集中し、演題登録に支障をきたすことが考えられますので、余裕をもって登録を行ってください。利用者のコンピューター環境が原因で演題の登録に不備を来しても事務局では一切責任を負いません。

倫理規定

演題の投稿・発表にあたっては、演者(共同演者を含む)の責任において、以下の規定に従ってください

演題登録要領

1. 応募資格・募集要項

一般演題および若手研究奨励演題の筆頭演者ならびに共同演者は、職種にかかわらず日本小児麻酔学会会員に限ります。非会員の方は学会ウェブサイトから入会手続きを行ってください。ただし招待演者および査読により会長が許可した者はその限りではありません。

  • ※一般演題は、原則として募集締め切り日時点で未公表のものに限ります。 過去に論文として発表された内容、および学会等で発表し抄録集として掲載されている内容を演題として登録する場合は、抄録中にその旨を明記してください。採択の判断については、内容を精査の上、査読者が最終決定します。なお、すでに投稿された論文の著作権が出版社にある場合は、当該出版社の許諾も必要となる可能性があることにご留意ください。
  • ※英語セッション:一般演題の中に「English」というカテゴリを設けます。英語によるポスター発表を募集します。 国際学会の発表練習や、留学生の発表の場などに本セッションをご活用ください。タイトル、抄録は英語でご登録ください。
  • ※アイデアコーナー:一般演題の中に「アイデアコーナー」というカテゴリを設けます。小児麻酔に関連したちょっとしたアイデアを募集します。学術的な評価の有無を問わず、小児麻酔に役に立つと思われる内容をご発表ください。
  • ※若手研究奨励演題:45歳以下の若手を対象に、研究成果をまとめた講演や、最新の知見をまとめた教育講演を募集します。筆頭演者は、2018年9月30日時点で45歳以下(1972年10月1日以後に生まれた方)に限ります。演題登録のページから進んで、「若手研究奨励演題」を選んでください。発表は25分、質疑5分とします。なお演題内容、演題数によっては一般演題に振り替えさせていただく場合がありますのでご了承ください。

2. 発表形式

発表形式は以下の3種類となります。

  • 1) 一般演題:ポスター(発表6分、討論3分)
  • 2) 優秀演題:口演(発表7分、討論5分) ※一般演題から5題程度を選考し、通知します。
  • 3) 若手研究奨励演題:口演(発表25分、討論5分) ※ 若手研究奨励演題の筆頭演者は、2018年9月30日時点で45歳以下(1972年10月1日以後に生まれた方)に限ります。
  • 4) 指定演題(特別講演、招請講演、招待講演、シンポジウム、ビデオセッションなど):口演